消費税率UPの経過措置について掲載しました

平成26年4月1日」と「平成27年10月1日」が、新税率への引き上げ日となり、それらの日を含む課税期間(事業年度)においては、旧税率と新税率の取引が混在することとなります。
また、現金等を領収した日と課税資産の譲渡等の日が異なる場合には、それぞれの新税率への引き上げ時期ごとに経過措置の適用について注意が必要です。

消費税率の引き上げに伴う経過措置について
消費税率の引き上げに伴う経過措置について.pdf
PDFファイル 158.4 KB

冨田博之税理士事務所

東京都中央区日本橋室町1−9−10

三忠堂ビル5F

 

TEL:03-3243-2781

(代表/受付時間9時~17時)

 

お気軽にご相談ください